私は高齢出産をしたため、老体にむちを打ちながらの子育てが一段落しました。無我夢中で走ってきた十数年でしたがふと気が付くと、髪の毛などの痛みが激しくなって薄毛になってきていました。子育てで忙しいと、なんとなく自分をいたわることを忘れてしまい、子どものケアが中心の生活をずっと送っていたためだと思います。加えて更年期障害の一つだと言われましたが、ちょっと動くと頭からすごくたくさん汗をかくようにもなってしまいました。

そのため頭皮も以前より汚れやすくなったと思います。そこで、私は美容師さんからのアドバイスでお風呂に入るときに頭をお湯に浸して、10分間ほど頭皮マッサージをすることを始めました。これは毛穴の汚れや頭皮の油脂分を落とすためなのですが、こうすると頭の血行がよくなり、そうすると毛根も太くなり、毛髪が健康になってくると言われたのです。オリーブオイルを頭皮につけるマッサージも効果的だそうです。

頭皮は顔と同じなので、顔と同じようなお手入れが必要だとのことなのです。それでしばらくケアをしていたところ、髪の毛の痛みはすっかりなくなり、頭皮の色も綺麗になったと美容師さんから言われるようになりました。髪の毛の痛みはコンディショナーやトリートメントが一番なのかと思っていましたが、ポイントは頭皮のケアなのだということを実感しました。そのほかには、50代からの腸内環境は寿命を左右するという話を聞いてから、手作りのスムージーを作って飲む習慣をつけています。そろそろ50代になるので始めましたが、若くてもどんどん始めて良いと思います。スムージーの内容は、りんご、にんじん、バナナ、レモン、キウイ、豆乳、植物性乳酸飲料、酵母菌、はちみつ、などを混ぜたものです。これに、残った野菜なども加えています。サプリはこちらのDHAを飲んでいます。

更年期障害の年齢に入ってから、栄養面ではバランスの取れた食事というのは基本ですが、やはりビタミンや腸内菌などの体を調整する食品を接種するように気を付けるようになりました。そして老化を防ぐために糖質は極力減らすようにしています。これで、頭皮とお肌の調子は順調です。特にお肌のほうは、以前は脂性で困っていたのがすっかりなくなりました。年齢的にはかさつきも気になるはずなのですが、それもすっかりなく、今では特に化粧水や乳液などを毎日つけなくても調子が良くなり驚いています。